ボールペン・ローラーボール

ボールペン・ローラーボール

【レビュー】OHTO(オート)ペンシルボール0.5mm【ナチュラル】

今回はOHTOのペンシルボールを紹介します。 OHTOのペンシルボールの特徴は 木軸で温かみがあり、鉛筆のような握り心地 軽量で扱いやすい ニードルポイントで筆記視野が広い ゲルインクでとても書きやすい 税込定価が495円と手に入れやすい ...
ボールペン・ローラーボール

【ボールペンレビュー】PILOT(パイロット)カスタムヘリテイジ91「BKVHN-5SR」ブラック【キャップスライド式】

以前万年筆のカスタムヘリテイジ912というモデルを紹介しました。 今回は同じカスタムヘリテイジシリーズ、パイロットカスタムヘリテイジ91というボールペンを紹介します。 万年筆のカスタムヘリテイジ912と同じくシャープで落ち着いたデザインのボ...
ボールペン・ローラーボール

【ボールペンレビュー】CROSS(クロス)クラシックセンチュリー【クラシックブラック】

今回紹介するのはCROSS(クロス)のクラシックセンチュリーです。 クロスは1846年に創業したアメリカでもっとも長い歴史のある筆記具メーカーです。 今回紹介するクラシックセンチュリーは クロス特有の「コニカルトップ」 細身で見た目がシャー...
スポンサーリンク
ボールペン・ローラーボール

【書き比べ】パイロットの替え芯[アクロインキBRFN-30(0.5・0.7・1.0)]と[油性インキBRF-25(1.2・1.6)]

以前パイロットのアクロドライブのレビュー記事に読者の方より 「BRF-25BB(油性インキ)まで含むと0.5mm、0.7mm、1.0mm、1.2mm、1.6mmが選択可能ってのはありがたいです。」 という貴重なコメントを頂きました。 これは...
ボールペン・ローラーボール

【レビュー】OHTO(オート)GS01・ブラック【ノック式ボールペン】

今回はOHTO(オート)のGS01というボールペンを紹介します。 GS01はノック式のシングルボールペンで、グリップ部は丸く、クリップあたりは六角形と特徴的なデザインになっています。 アルミニウム製の軸は軽くて扱いやすく、OHTOならではの...
ボールペン・ローラーボール

【レビュー】三田三昭堂オリジナル【ゼブラサラサグランドブラス2】

今回は三田三昭堂オリジナルのゼブラサラサグランドブラス2を紹介します。 サラサグランドは 真鍮製の軸で高級感がある 水性顔料のジェルインクで書きやすく発色がいい SARASA特有のバインダークリップ といった特徴があります。 今回紹介するブ...
ボールペン・ローラーボール

【レビュー】三菱鉛筆 ピュアモルト2&1オークウッド・プレミアム・エディション【振り子式多機能ボールペン】

今回は三菱鉛筆のピュアモルト ピュアモルト2&1オークウッド・プレミアム・エディションを紹介します。 ピュアモルトの特徴はなんといってもウイスキー樽に使用されていたオーク材を軸の素材として使われているところです。 またボールペン2種(黒・赤...
ボールペン・ローラーボール

【レビュー】PILOT(パイロット)アクロドライブ【回転式シングルボールペン】

今回はパイロットの「アクロドライブ」を紹介します。 アクロドライブは、回転式のシングルボールペンです。 真鍮製の軸でしっかりとした重みがあって高級感があります。 なめらかなアクロインキの書き味はクセになりますね。 税込み定価は3300円です...
ボールペン・ローラーボール

【レビュー】パイロットTIMELINE(タイムライン)【2段階回転繰り出し式】

今回はパイロットのタイムラインという回転繰り出し式のボールペンを紹介します。 パイロットのタイムラインは デザインがおしゃれでかっこいい 2段階の回転繰り出し式 アクロインキでサラサラの書き心地 という特徴があります。 それでは詳しく紹介し...
ボールペン・ローラーボール

【全11色まとめて紹介】ゼブラ SARASA Grand(サラサグランド)【ビンテージ】

ゼブラのSARASAシリーズはジェルインクでとても書きやいので人気です。 SARASA Grandビンテージはシックな色が11色ラインナップされています。 以前、このビンテージを3色紹介しました。 今回は前回紹介した3色を含め、全11色を紹...
ボールペン・ローラーボール

【多機能ボールペンレビュー】STAEDTLER(ステッドラー)アバンギャルドライト【アーバンブルー】

ステッドラーは、1835年に設立された文具・製図用品・画材を扱うドイツの老舗メーカーです。 ステッドラー設立者であるヨハン・セバスチャンの祖先であるフリードリッヒ・ステッドラーが1662年頃に鉛筆を発明したというのはとても有名な話です。 今...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました