【レビュー】「D型」を「G2」に変換するアダプター

ボールペンレビュー
スポンサーリンク

ボールペンの替え芯の規格で「D型」という規格があります。

多機能ボールペンなどによく使われている替え芯で、同じ規格の替え芯が各メーカーで製造されています。

また、「G2」規格は「パーカー互換」として有名な互換性の高い規格です。

「D型」を「G2」に変換するアダプターというのを見つけたので、使ってみたレビューをしたいと思います。

この記事をおすすめする人

「D型」の替え芯をシングルのボールペンで使いたい

それでは詳しく紹介します。

「D型」と「G2型」ってなに?

「G2」(パーカータイプ・ヨーロッパタイプ)

多くのブランドで採用されている規格で「パーカー互換」とも呼ばれます。

容量が大きいので筆記距離が長く、互換性が高い規格なので人気があります。

多数の海外有名ブランドで採用されています。

国内では三菱鉛筆のジェットストリームをが人気ですね。

「D型」

多機能ペンなどに採用されている規格です。

「D型」はよく「4C」と俗称で呼ばれていることがあります。

実際には、この「D型」と「4C」は別物です。

規格がほぼ同じであること、「D型」が浸透する前に日本ではゼブラの「4C」規格が定着していたことなどから、同じものとして扱われていることが多いです。

写真はこの「4C」と「D型」を一緒に撮っていますが、どれが「4C」か分かりましたか?

一番上にあるのが「4C」です。

肉眼ではその差はほとんど分かりません。

「D型」に対応しているボールペンは国内外で多くのメーカーが作っています。

安価なものから高級なものまであり、幅広い互換性があります。

多機能ボールペンで使われている「D型」は、「G2」規格に比べ、色の選択肢が多いのが特徴です。

「D型」を「G2」に変換できるアダプター

「D型」をいろんな種類のボールペンに対応できるアダプターが販売されています。

「G2」規格(パーカータイプ)に変換するものの他、モンブラン、カランダッシュ、ウォーターマンなどいろんな規格に変換できるアダプターがあります。

今回は「D型」のリフィルを「G2」リフィルとして使えるアダプターを使います。

「D型」リフィルを入れてみました。

写真の一番上がアダプターを使ってみたところです。

パッと見はほとんど同じ規格のように見えますね。

パーカーIMで使ってみた

パーカーのIMに入れて書いてみました。

筆記時にカタカタします…

写真の左純正の「G2」リフィル、右がジェットストリーム「D型」リフィルです。

微妙に細いのか、少し短いのか隙間がありますね。

これは割と気になります。

このままでは僕の許容範囲を超えているので使えません。

写真左はジェットストリーム、右はゼブラの「4C」芯を使ってみました。

ジェットストリームよりはマシになりましたが、やっぱりちょっとカタカタしますね。

アダプターと「D型」「4C」の使い心地

このアダプターは「D型」、「4C」どちらを入れてもカタついたりせずしっかりハマります。

「4C」芯を使った後に「D型」を入れても特に不具合はありませんでした。

ジェットストリームよりは多少カタつきはマシに感じましたが微妙…

IMとこのアダプターとの組み合わせはちょっと微妙な感じでした。

ペリカン スーベレーンK605で使ってみた

ペリカンのK605は回転繰り出し式のボールペンです。

入れてみました。

作動はスムーズで、特に問題はありませんでした。

左がペリカンの純正「G2」リフィル、右がジェットストリーム「D型」リフィル+アダプターです。

写真で見ると純正のリフィルと比べると若干隙間があります。

多少カタカタしますが、これはそれほど気になりませんね。

ペリカンのK605との組み合わせは良さそうですね。

「4C」芯でも動作、カタつきともに問題なかったです。

コスト面での比較

メーカーリフィル規格太さ筆記距離価格(税別)価格/m
パーカークインクフローG21.0mm3500m900円0.26円
三菱鉛筆ジェットストリームG20.5mm1500m600円0.4円
三菱鉛筆 ジェットストリームD0.5mm300m200円0.7円

パーカーのリフィルが圧倒的に筆記距離が長く、コストパフォーマンスが一番いいですね。

また同じジェットストリームを比較しても「G2」規格の方が「D型」規格よりコストパフォーマンスがいいです。

「D型」を使うメリット

無理に4C規格を使わなくてもいいのではないかと思いますが、メリットもあります。

たとえば、ジェットストリームは「G2」は黒の1種類、対して「D型」は黒、赤、青の3種類があります。

ほかもメーカでも、「G2」規格でいろんな色を展開しているものは少ないです。

基本多機能ペンに使うための規格ですから当然ですね。

ジェットストリームの黒を使うならG2規格一択でコスパや使用感は問題はないです。

ですが、黒以外の色を使いたい場合にはアダプターを使って「D型」のリフィルを使うというのもアリなのかなと思います。

最期に

今回は「D型」を「G2」に変換するアダプターを使ってみました。

これは一例ですが、自分好みにカスタムできる方法があると楽しいですね。

また面白そうなものがあれば紹介したいと思います。

最期まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク
ボールペンレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
しのわんブログ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました