【レビュー】パーカーボールペン IM CT 

ボールペンレビュー
スポンサーリンク

パーカーはアメリカの高級筆記具ブランドです。

パーカーのボールペンIMの特徴は

  • ノック式
  • 少し太めの金属軸
  • リフィル(替え芯)がG2規格

高級筆記具ながら比較的安価で買いやすく、使い勝手のいいボールペンです。

僕の記事で「ボールペンのリフィル(替え芯)の規格【G2と4C】」で登場しています。

このボールペンIMはずっと愛用していて、使いやすくて気に入っていたのでプレゼントとして選んだこともあります。

それでは詳しく紹介します。

スポンサーリンク

パーカーボールペンIMはこんな人におすすめ

高級ボールペンに興味がある

どんなボールペンを選んでいいか分からない

プレゼント用のボールペンを探している

パーカーボールペンIMの特徴

金属軸で高級感がある

太めの金属軸で重量感があります。

普段プラスチックのボールペンを使っている人だと、最初は「重いな」と感じると思います。

でも筆記に支障があるほど重いわけではなく、むしろこの程よい重みが使いやすいです。

このボールペンのカラーはステンレスCT。

金属を削りだしたそのままの質感で、つるっとし過ぎず、しっとりと手に馴染みやすいです。

カラーバリエーションが豊富で、無塗装のステンレスカラーの他、ホワイト、ブルー、ブラック、レッドなどがあります。

バリエーションが豊富なので、欲しい色に出会いやすいかと思います。

ホワイトは結構きれいなので、プレゼントにおすすめですよ。

装飾もCT(クロームトリム)とGT(ゴールドトリム)があります。

CTはクロームトリムの略で、クロームメッキ処理をした装飾、GTはゴールドトリムの略で、金メッキ処理をした装飾いう意味です。

CT、GTについてこんな記事を書いてます。

よかったら参考にしてください。

リフィル(替芯)の規格が「G2」

「G2」規格のリフィルはいろんなボールペンに使えます。

またいろんなメーカーからも同一規格のリフィルが販売されています。

僕はジェットストリームのサラサラ書ける感じがお気に入りでずっと使ってます。

最近は純正の油性リフィルのねっとりした感じの書き味もいいな〜と思ってます。

「G2規格」についての記事はこちら。

ノック式で使いやすい

馴染み深いノック式ですが、高級ボールペンには回転繰り出し式というのもあります。

回転繰り出し式の方が高級感はありますが、普段使いだとやはりノック式が便利ですよね。

このパーカーのIMはノックする感覚が重くはないんですが、重厚な感じです。

音で表現するなら

「カチッ」という感じではなく「シュカッ」という感じです。

ちょっと分かりにくかったですね。

このノックする感覚を表現するのは難しいです。

ノックした時「あ〜いいボールペンなんだな〜」って感じさせてくれます。

こちらの記事で紹介しているペリカンのボールペンは回転繰り出し式です。

このペリカンも「G2規格」のリフィルが使えるボールペンです。

回転繰り出し式のボールペンに興味がある方は参考にどうぞ。

矢羽クリップ

パーカーといえばこの矢羽クリップですね。

パーカーのブランドロゴにも使用されている矢羽には

「志を抱く人々の道しるべでありたい」

というメッセージが込められているんだそうです。

このクリップを見るだけでパーカーと分かるデザインは独創性と歴史を感じます。

パーカーボールペンIMの書き味

パーカー クインクフロー M

まずは純正リフィルを使ってみます。

インクは油性です。

最初についてくるリフィルの太さは中字(M)です。

さすがに普段使いでは太くて使いにくいですね。

でもこのねっとりしつつ、なめらかな書き味がいいですね。

意外と筆圧をかけなくても書けます。

このリフィルはインクだまりができにくいのが特徴です。

手帳などに書き込むには不向きですが、ノートに英字を書く時などは良さそうです。

ペリカン 337 M

続いてペリカンのリフィルを使ってみます。

ペリカンのリフィルも油性になります。

こちらもなめらかな書き味で書きやすいですね。

これも太さはMなので、太くて手帳などに書き込むには太いかもしれません。

線に濃淡があって、ちょっと味のある線が書けます。

uni ジェットストリーム プライム 0.5mm

ジェットストリームのリフィルに変えてみます。

太さは0.5mmです。

もっと細い線が描きたい人には0.38mm、太い線を描きたい人には0.7mmもありますが、僕はこの0.5mmを愛用しています。

筆圧をかけなくてもストレスなくサラサラ書ける書き味。

文字をアップにしている写真を見比べてみてください。

パーカーやペリカンと比べ濃淡が少なく、より濃い線が書けます。

僕はジェットストリームをもう何年も使い続けてますね。

油性や水性のインクについてこんな記事を書いてます。

よかったら参考にしてください。

ペンバランスがよく、手になじみやすい

3種類のリフィルを使ってみましたが、どのリフィルを使ってもペンバランスがいいのでとても書きやすいです。

程よい太さと重さで手になじみやすく、筆記していても疲れにくく、使いやすいです。

耐久性にも優れているので、長く使い続けることができますよ。

パーカーボールペンIMをおすすめする理由

高級ボールペンの位置付けですが、比較的買いやすい値段で販売されている

歴史のあるブランドで、知名度も高い

ノック式で使いやすく、「G2規格」のリフィルが使える

といったところかと思います。

自分用として、またプレゼントとしても喜ばれる一本です。

最後に

今回は僕がずっと愛用しているパーカーのボールペンを紹介しました。

皆さんのボールペン選びの一助になれば幸いです。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク
ボールペンレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
しのわんブログ
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました