【ボールペンの基本】ボールペンのリフィル(替え芯)の規格って何?【「G2」と「4C」】

ボールペンの基本

リフィルとは詰め替え用品の事で、文具ではボールペンなどの替え芯やルーズリーフの用紙などを指します。

「海外製のボールペンって見た目はかっこいいけど線が太かったり書き味が重かったりして使いにくい!」って思ったことはありませんか?

そんな時は替え芯を日本製に替えることでさらさらと書きやすくできるんです!

ただ、どのメーカーのものでも使えるわけではありません。

ボールペンのリフィル(替え芯)にはJIS規格が定めている規格があります。

その中でもいろんなメーカーで互換性があり使い勝手の良い「G2」と呼ばれる規格と「4C」と呼ばれる規格について、パーカーのボールペンIMとリフィルを使って説明したいと思います。

スポンサーリンク

この記事をおすすめしたい人

  • そもそもリフィル(替え芯)の規格って何?
  • ボールペンのリフィル(替え芯)は純正以外でも使えるの?
  • 海外製の本体は気に入っているけど書き味に不満がある。

G2と4C規格について

G2(パーカータイプ・ヨーロッパタイプ)

JIS規格での「G2」は、「パーカータイプ」「ヨーロッパタイプ」とも呼ばれています。

イギリスのブランドであるパーカーから始まったため「パーカータイプ」と呼ばれています。多くのブランドで採用されている規格で「パーカー互換」とも呼ばれます。

容量が大きいので筆記距離が長く、互換性が高い規格なので人気があります。パーカーはもちろん、ペリカン、アウロラ、カヴェコ、 カルティエ、デュポン、デルタ、ビスコンティといった海外の有名ブランドで採用されています。

ただ上記のブランドでもG2規格以外のボールペンもあるので、購入する際にはどの規格のリフィルを使っているか確認が必要です。

4C(D型)

多機能ペンなどに採用されている規格です。「4C」は俗称でゼブラの4C芯の品番が名称の由来です。JIS規格では「D型」として規格化されています。

海外では「D1」とも呼ばれています。いろんな呼び名があってややこしいですね。

同一規格として取り扱われていますが、実際にはゼブラの「4C芯」は「D型」といわれる規格より微妙に太いです。ゼブラの4C芯を他の本体に使った場合、差し込む穴が広がってしまい、他のメーカーの4C芯を入れても抜けてしまう場合があるので、使用に際しては十分注意してください。

4C芯に対応しているボールペンは国内外沢山のメーカーが作っています。安価なものから高級なものまであり、選択肢が多くて迷ってしまいます。

パーカーIMで互換リフィルを使う

今回使用したボールペンはこちら、パーカーIMです。

純正のリフィルはM(1.0mm)と太く、やや書き味が重くもっさりした感じだったのであまり使っていなかったのですが、ジェットストリームのリフィルに替えてみました。

G2リフィルを使う

ジェットストリームのG2規格のリフィルです。

写真の上がジェットストリームのG2リフィル、下がパーカーの純正リフィルです。当然ですが同じ規格なのでボディに書いてある字を確認しないと見分けが付きません。

IMに入れてみた感じですが、ペン先の出ている感じもほとんど一緒。ノックした時の違和感はなかったです。筆記時に微妙にカタつく感はありますが、特に気にしなくてもいい程度で、普通に使えます。

太くて重い書き味の純正リフィルから、スラスラと軽やかに書けるようになりました。

4Cリフィルを使う

4Cリフィルを使うにはアダプターが必要になります。

アダプターはG2規格(パーカータイプ)だけでなくモンブランやカランダッシュ、ウォーターマンなどいろんな規格に変換できるアダプターが販売されています。

今回は4CリフィルをG2リフィルとして使えるアダプターを使います。4Cリフィルを入れてみました。写真の一番上がアダプターを使ってみたところです。パッと見はほとんど同じ規格のように見えますね。

本体に入れて書いてみました。

筆記時にカタカタします…写真の左純正のリフィル、右がジェットストリームなんですが、微妙に細いのか、少し短いのか隙間がありますね。これは気にする人は気になります。僕はちょっと気になるのでこのままでは使えません。

写真右はゼブラの4C芯を使ってみました。ジェットストリームよりは多少カタつきはマシに感じましたが微妙…

今回の組み合わせはちょっと微妙な感じでしたが、他のG2規格のボールペンであれば、このアダプターでしっくりとくる組み合わせがあるかと思います。

また違うボールペンを手に入れたら再度レビューしたいと思います。

コスト面での比較

メーカーリフィル規格太さ筆記距離価格(税別)価格/m
パーカークインクフローG21.0mm3500m900円0.26円
三菱鉛筆ジェットストリームG20.5mm1500m600円0.4円
三菱鉛筆ジェットストリーム4C0.5mm300m200円0.7円

パーカーのリフィルが圧倒的に筆記距離が長く、コストパフォーマンスが一番いいです。

また同じジェットストリームを比較してもG2規格の方が4C規格よりコストパフォーマンスがいいです。

4C規格を使うメリットは?

無理に4C規格を使わなくてもいいのではないかと思いますが、メリットもあります。

ジェットストリームはG2規格は黒の1種類、対して4C規格は黒、赤、青の3種類があります。

当然他のメーカーの4C規格もいろんな色の種類があります。基本多機能ペンに使うための規格ですから当然ですね。

ジェットストリームの黒を使うならG2規格一択でコスパや使用感は問題はないです。

他のメーカーではG2規格のリフィルで赤や青などのカラーバリエーションはあります。それ以外のいろんな色を使いたい場合にはアダプターを使って4C規格のリフィルを入れるというのもアリかなと思います。

まとめ

フィリル(替え芯)は基本メーカー純正を使うことをおすすめします。ただ見た目は気に入っているけどどうしても書き味を変えたい、色を変えたいという人には他メーカーの同一規格リフィルに変えてみてはいかがでしょうか。

またこのリフィルが使いたいというのがあれば、ボールペンに合うリフィルを探すのとは逆に、そのリフィルを使えるボールペンを探してみるというのも楽しいかもしれませんね。

最後に注意する点として、基本メーカー純正のリフィル以外のものを使う場合、アダプターを使う場合は故障してもメーカー保証されませんのであくまで自己責任でお願いします。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

ボールペンの基本
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
しのわんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました