【おしゃれで手軽な万年筆】LAMY(ラミー)safari(サファリ)

万年筆レビュー

LAMY(ラミー)というメーカーをご存じですか?

1930年にドイツで創業した筆記具メーカーです。

LAMY(ラミー)のコンセプトは「機能美」。無駄を省き、機能を追求したデザインは、一目見てLAMYの筆記具と分かるほど。

そのなかでもこのsafari(サファリ)はカジュアルさと手軽さで大ヒットした万年筆です。

スポンサーリンク

こんな人におすすめ!

  • 海外メーカーの筆記具を使ってみたい。
  • おしゃれでカジュアルな万年筆が欲しい。
  • 5000円以下で買える万年筆を探している。
  • カートリッジ・コンバーター両用式の万年筆が欲しい。

LAMY(ラミー)safari(サファリ)の特徴

機能美を追求したグリップデザイン

グリップの形状は子供たちが初めて手にするのに最適な筆記具として、人間工学に基づいて正しく握りやすい三角形のような形をしています。

定番カラーと限定カラー

定番カラーとして「シャイニーブラック」、「ホワイト」、「レッド」、「ブルー」、「イエロー」、「ブラック」、「スケルトン」があります。僕が持っているのはこの「スケルトン」です。

さらに毎年限定カラーを展開しています。

2020年の限定色はキャンディをテーマに「マンゴー」、「アクアマリン」、「ヴァイオレット」の3色です。

 

 

 

限定カラーは2004年の「オレンジ」から始まり、毎年ラインナップされています。この限定カラーはすごく人気があり、翌年には価格が高騰する場合も。カラーによってはかなりの値段が付くこともあります。

5000円以下で買える手軽さ

定価は約4000円ほどですが、通販を利用すると結構安く買えます。

この手軽さから万年筆の1本目にラミーサファリを選ぶ人も多いです。

カートリッジ・コンバーター両用の万年筆

写真の左がパーカー、右がラミーのコンバーターです。ラミーはヨーロッパ規格ではなくメーカー独自の規格ですので専用のカートリッジ・コンバーターが必要になります。

コンバーターはノブの色が赤と黒の2種類あります。

形状はほぼ一緒なのですが、赤にはインクが入るところに突起がついていて首軸のへこみに合わせていれるとカチッとハマるようになっています。黒には突起はついていません。

これはインクを吸入するときにノブと一緒にコンバーターがクルクルと回ってしまわないようにデザインされているんです。「さすがラミー」と納得してしまいます。

 

が、今回は透明軸をシンプルに使いたかったので、あえて黒のコンバーターにしました。赤と黒、どちらを使うかはお好みで。

 

書き味

インクはLAMY(ラミー)ボトルインクの限定カラー、チャージグリーンを入れてみました。


 

ペン先はステンレススチール、太さはF(細字)、ペン先は硬めです。書く時にぐっと力を入れてもペン先はそれほど開きません。力を入れたときにインクの流れが増えて色が濃くなる感じですね。

線の太さは日本製の万年筆だとM(太字)と同じくらいです。

紙に引っかかるような感じはなく、インクの流れ(インクフロー)が良いです。線の太さは均一で、紙の上を滑るように気持ちよく書けますよ。

ちょっと変わった色のインクで書いたので写真では分かりづらいですね。

このインクは細い線を書くより、もっと太い線を書くのに向いてそうです。カリグラフィーに使ってみようかな?

LAMY(ラミー)safari(サファリ)をおすすめする理由

海外メーカーの万年筆の入門用として、デザイン性、機能性ともに申し分ないクオリティでぜひ持っておきたい一本です。

書き味が気に入ったらいろんな色のボディを集めてみてはどうでしょうか?

スケルトンボディでインクの色を楽しむのも楽しいし、毎年発表される限定カラーを集めてみるのも楽しいですよ。

僕はこのスケルトンともう一本、違う色のサファリを持っています。また次の機会に紹介しますね。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

万年筆レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
しのわんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました