【万年筆レビュー】PLATINUM(プラチナ)プレピー【安いけどしっかり万年筆】

万年筆レビュー

累計1000万本を販売達成した初心者向けの万年筆「プレピー」を紹介します。

スポンサーリンク

プレピーをおすすめしたい人

  • 筆記用具にあまりお金をかけたくない
  • 万年筆は使ってみたいけどどれを使っていいか分からない
  • 時々しか使わない
  • キティちゃんのグッズを集めている

プレピーのペン先は3種類。EF(極細)、F(細字)、M(中字)。

ハローキティ軸は450円、透明軸(クリスタル)が400円、ペン先がEF(極細)が400円、その他は300円で買える格安万年筆です。

今回はプレピー ブルーブラック EF(極細)とF(細字)を買ってみました。

プレピーの特徴

インクが乾きにくい

プラチナ万年筆の最大の特徴はインクが乾きにくいスリップシール機構があることですね。

スリップシール機構はこのプレピーの上位モデルであるプレジールや#3776センチュリーなどでも使われている独自の機構で、ペン先を完全気密にすることで半年放置していてもインクが乾かないというもの。

使いたいときにいつでもすぐに筆記できるし、乾くのが怖い顔料インクでも使えます。

透明軸

プレピーはどのモデルも半透明で万年筆の中が見えます。

スリップシール機構も見えますね。バネと内側のキャップがペン先をすっぽりと包んでいます。プレジールでは見えなかったスリップシール機構が見え、改めてプラチナ万年筆の技術を知ることが出来ました。

また、プレピーには軸の色と同じカートリッジインクが1本ついてきます。これは軸の色がブルーブラックなのでブルーブラックのカートリッジがついてました。

カートリッジ・コンバーターが使える

付属のカートリッジに加え、別売りのコンバーターを買うといろんなボトルインクを使えるようになります。

本体よりコンバーターの方が高いんですけどね…

コンバーターを使うかどうかはお任せします(笑)

ハローキティモデルがある。

僕は買ってませんが、キティちゃんが好きな人にはぜひ使ってほしい万年筆です。

7色のラインナップがありますが、インクカラーに合わせてそれぞれリボン、星、クローバー、レモン、ハートなどのモチーフがデザインされています。

どれにしようか迷ったら全部一気に買って揃えてしまいましょう!

プレピーの書き味

今回は付属のカートリッジを入れてみました。

EF(極細)は少しカリカリするかと思いましたが、思いのほかスラスラと書けます。滑らかな書き味でとても気持ちが良い書き味でした。

F(細字)はさらにインクの流れが良く、ぬらぬらとインクが紙に吸い付いてくような感じがします。

ほんとに300円と400円で買える万年筆か?と疑いたくなる書き味です。

プレピーとプレジール

実はこのプレピー、プレジールと共通パーツを使用しています。首軸を比べてみると、パーツの色は違いますが構造やペン先など一緒です。

プレジールにはペン先の太さがF(細字)とM(中字)の2種類。

プレピーのペン先の太さはF(細字)、M(中字)に加えEF(極細)の3種類があります。

プレピーEF(極細)の軸とキャップをプレジールの軸とキャップに交換するとプレジールEF(極細)として使えるんです!下の写真はちょっとわかりにくいですが、EF(極細)のプレピーをプレジール化したものです。

ちゃんとキャップも閉まりますし、特に違和感はありません。

プレピーの難点はキャップや軸の耐久性がプレジールに比べ劣ることです。(といってもそんな極端にすぐ壊れるとかいう訳ではありません。)

でもこの耐久性を差し引いてもプレピーはプレジールの半値以下で買え、プレジールと同じ機構を持って、同じペン先を使っている。これはかなりお買い得感がありますよ。

プレピーをおすすめする理由

  • 上位モデルのプレジールと同じペン先を使用していて、書きやすさは間違いなし。
  • インクが乾きにくいのでいつでも使える。
  • 300~450円で買える。
  • ハローキティが好きな人は全色揃えて欲しい。
  • プレジールとの互換性があるので、パーツを利用するのもあり。

万年筆の入門用としてはなかなか贅沢な使用ではないかと思います。仮に壊れてもすぐに買い替えできる値段ですし、買って損はしない一本です。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

万年筆レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
しのわんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました