【万年筆レビュー】PLATINUM(プラチナ)プレジール【初心者におすすめ】

プラチナ万年筆 プレジール万年筆レビュー
スポンサーリンク

こんな人におすすめ!

万年筆に挑戦してみたいけど、どれにしようか迷っている。

安い万年筆を探している。

見た目はかっこいい万年筆が欲しい。

手入れするのが面倒なので、インクが乾きにくい万年筆が欲しい。

それでは詳しく紹介します。

『PLATINUM PLAISIR プラチナ プレジール 中字 ガンメタル』

僕が初めて買った万年筆です。定価は1000円です。

筆記用具に1000円は高くない?

僕も最初はそう思っていました。

安価なボールペンが市場で出回っているし、不便も感じないかもしれません。

でも一度万年筆を使って、その良さを知ってくると

「1000円安っ!!」

と思えるようになります。僕もそうでしたので(笑)

プラチナ プレジールの特徴

  • スリップシール機構によるインクの乾燥を防ぐ
  • カラーバリエーションが豊富
  • 万年筆らしいフォルムで高級感がある
  • カートリッジ・コンバーターのどちらも使える

インクが乾きにくいスリップシール機構

インクの乾燥を防ぐ完全気密キャップのこと。

万年筆は構造上、単に密封するだけだとキャップを開閉するときにインクが噴き出てしまいます。

通気性を持たせたると噴き出すことは防げますが、インクの渇きを防げなくなってしまいます。

これを解消したのがプラチナ万年筆の特許であるスリップシール機構。

これがプラチナ万年筆最大の特徴で、おすすめする理由の第一位!

万年筆を毎日使っている人はそれほどインクの乾きは気にならないと思いますが、時々使う人にとっては実にありがたい。

このスリップシール機構のおかげで、数日使ってなくてもインクは乾きません。

書こうと思ったときに、キャップを外せばすぐに書けますよ。

この乾きにくい構造のおかげで、染料インクだけでなく顔料インクも使えます。

もちろん、どの万年筆にも顔料インクは使えますが、乾いてしまうとペン先にインクが流れなくなったりして大変。

ですが、このスリップシール機構のおかげでインクが乾きにくくなっているので、顔料インクも使いやすいということ。

顔料インクは耐水、耐光に優れ保存書類などに使えます。

顔料インク、染料インクについて詳しくはこちらの記事を参考にどうぞ。

カラーバリエーションが豊富

現在14色のラインナップがあります。

パール加工で傷がつきにくいというのも特徴です。

真っ黒のいかにも万年筆!というのもいいですが、いろんなカラーバリエーションがあるのがいいですよね。

好きな軸色が見つかると思います。

また限定カラーも出たりするので、いろいろと楽しめますね。

高級感がある

キャップや軸は丸みがあります。

同じ価格帯の万年筆と比べると、ぱっと見安っぽくは見えません。

むろん、高級万年筆と比べると見劣りはしますが、同価格帯では見劣りすることはないですね。

カートリッジ・コンバーターのどちらも使える

プラチナ万年筆は独自規格なので、他のメーカーのカートリッジやコンバーターは使えません。

カートリッジインクは手軽で使いやすいし、携帯にも優れてます。ヘビーユーザーには必須アイテムです。

対してボトルインクは携帯に不向きですが(携帯する方もいます)魅力的な色が豊富にあります。

インターネットにある情報ではプレジールは基本的にコンバーターが使用できないといわれてたりしますが普通に使えます。

プラチナ万年筆のホームページで、首軸が同じ仕様のプレピーにコンバーターをつけてインクを吸入する方法を動画で紹介していますよ。

ぜひ公式ホームページを参考にしてください。

プレジールの書き心地

中字にはコンバーターを装着してインクを吸入してみました。

今回はモンブランのブラックを入れてみます。

首軸にインクがたっぷりと入っています。

カートリッジインクをつけても、こんな感じにインクがたっぷりと入ることがないので最初はびっくりすると思います。

インク漏れはありませんでしたし、問題もありませんね。

筆記時のインクフローも特に問題はなかったです。

細字はプラチナのカートリッジを使ってみました。色はブルーブラックです。

細字、中字ともにインクの流れがすごくいいです。

ステンレスのペン先ですが、柔らかい書き心地で、ぬるぬるとインクが紙に吸い付いていく感じ。

荒い紙質でもペン先が滑っていくように感じます。

細いボールペンに慣れている人にはちょっと線が太いと感じるかもしれませんね。

僕は最初に買ったのが中字でしたが、細字もすごく書きやすいですよ。

どちらにするか迷ったら最初は細字をおすすめします。

製品仕様

ペン先ステンレス
胴・キャップアルミ
カバーアクリル樹脂
クリップ鉄にクロームメッキ
中間リング黄銅にクロームメッキ
寸法全長142.5mm×最大径15.0mm
標準重量15.4g
カートリッジインクSPSQ-400, SPN-100A

初心者におすすめする理由

まずはインクが乾きにくいスリップシール機構があること。

次にカラーバリエーションが豊富。

そして高級感があること。

構造や書き味など万年筆ってこんな感じか!というのが分かるので、初めての万年筆としてちょうどいい一本です。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

万年筆レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
しのわんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました