【初心者向け】ローラーボールとボールペンの違いは?

ローラーボールの基本

そもそもローラーボールってなに?

ローラーボールって聞いてすぐに筆記具の事と分かる人は少ないと思います。あまり聞きなれない言葉ですよね。

メーカーによりますが、水性ペンのことをローラーボールといい、油性ペンをボールペンといいます。

それでは詳しく説明します。

スポンサーリンク

ローラーボールとボールペンの違い

ボールペン

インクが油性のペンをボールペンといいます。耐光性、耐水性に優れていて、公的な書類や長期保存が必要な書類に適しています。

ある程度筆圧が必要で、長時間使っていると疲れてしまいます。

最近のボールペンはペン先の精度が上がったことや、インクの粘りが改善されてスラスラと書きやすいタイプのボールペンもあります。

コンビニなどでも売っているので手に入れやすく、安価なものが多いのも特徴です。

僕が愛用しているジェットストリームは油性ボールペンです。インクの流れがよく書きやすく、替え芯も安価で手に入ります。

ローラーボール

インクが水性のペンをローラーボールといいます。水性インクを使うので、長期保存には向いていません。

ボールペンに比べ、弱い筆圧で筆記ができます。

メーカーによっては水性ボールペンと呼んでいます。

万年筆と比べるとインク詰まりなどのトラブルが少ないことから、愛用者も多いです。

一般にローラーボールはインクが蒸発してペン先が乾くのを防ぐため、ボールペンに多いノック式ではなくキャップ式を多く採用しています。ですので使わないときはきちんとキャップをしておかないとペン先が乾いてしまうので要注意です。

ペン先が工夫され渇きに強いキャップを使わないローラーボールもあります。

写真の黒い軸はラミーのティポです。キャップのいらないノック式で、比較的安価に手に入れることができるローラーボールです。

ローラーボールの魅力

  • 滑らかな書き味。
  • モデルによっては万年筆のインクが使える。

滑らかな書き味

上から
・uni ジェットストリーム(ボールペン)
・ラミー アルスター(ボールペン)
・パーカー IM(ボールペン)
・ラミー ティポ(ローラーボール)
・エルバン ローラーボール

一番に挙げられるローラーボールの魅力はとにかく書き味が滑らかなこと。サラサラとした書き味でかすれることも少なく、弱い筆圧で書けます。

水性インクのためにじみやすいですが、発色がよくきれいな線が書けます。

モデルによっては万年筆のインクが使える

ローラーボールは油性ボールペンと同じようにインクがなくなると芯を替える必要があります。

替え芯は手軽ですぐに交換ができますし、携帯にも便利です。ペン先も常に新しいものになるので、書き味は変わりません。

しかしローラーボールの中には万年筆と同じようにカートリッジインクとコンバーターが使えるモデルがあります。

コンバーターが使えるモデルでは万年筆インクが使えるので、いろんなインクを入れて楽しめます。

モデルは限定されますが、ローラーボールの魅力のひとつですね。

最後に

キャップレスのローラーボールも豊富にラインナップされており、見た目や使いやすさはボールペンとほとんど変わらなくなってきていますね。

キャップ式とノック式、どちらを使うかはお好みで。(個人的にはキャップ式の方が高級な感じがして好きです。)

はっきりした違いはインクが油性か水性かということになります。用途によってボールペン、ローラーボールを使い分けてそれぞれの楽しさを満喫しましょう。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

ローラーボールの基本
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
しのわんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました