【万年筆レビュー】モンブラン 146 ボルドー【至高の万年筆】

万年筆レビュー

1906年に創業したモンブランは、アルプスの最高峰の名前が由来です。このマイスターシュテュックは万年筆の最高峰を目指したモンブランの代表作です。

その中でも本体吸入式の本格的な146を紹介します。

スポンサーリンク

こんな人におすすめ!

  • モンブランの万年筆が欲しい。
  • 本体吸入式の万年筆を探している。
  • 一生ものの万年筆を探している。

146の特徴

今回紹介する146 ボルドーは2000年に廃盤となったモデルで、現在は中古でしか手に入れることができません。

現行はブラックレジン×ゴールドとブラックレジン×プラチナ装飾の2点となっています。

本体吸入式

本体吸入式についてはこちらの記事を参考に

インクの吸入は本体に吸入するのでコンバーター式よりも多くのインクを吸入することが出来ます。

もちろんコンバーターと同じく好きなインクを使えます。

インクの残量はこの小窓で確認することができますよ。

本体吸入式は洗浄時に注意が必要ですし、インクが固着してしまうと専門店での分解、洗浄が必要になることがあります。

定期的に洗浄して、使用しないときは洗浄後はきちんと乾燥させてから保管するようにしましょう。

ペンの装飾が美しい

天冠にあしらわれたシンボルマーク「ホワイトスター」

このシンボルマークは「ホワイトスター」と呼ばれ、アルプス最高峰のモンブラン山頂の冠雪をイメージされています。

万年筆の全体像を見なくても、「モンブランだ!」と一目で分かる特徴的なデザイン。

この「ホワイトスター」が胸ポケットからちらりと見えたりすると、すごくできる人って感じがしますよね!

14金のペン先で金色と銀色のバイカラー

ペン先には「4810」の刻印。

これはモンブランの標高、4810メートルを意味しています。

金と銀のバイカラーで美しい造形のペン先は、モンブランの技術の高さを表しています。

筆記具としてだけでなく、造形美を楽しむことができますね。

14金で腐食に強いので、丁寧に扱えば長く使い続けることができます。

細部にまでこだわりのある装飾

キャップのクリップにはシリアルナンバーが刻印されています。

クリップリングには「MONTBLANC」「MEISTERSTUCK」と刻印されています。

ボルドーとゴールドのコンビネーションは見た目が豪華で見とれてしまいますね。

今は廃盤のボルドー

最初にも書きましたが、現在は中古でしか手に入れることができません。

現在でも人気があり、かなりの高値で取引されています。

146の書き味

146のサイズ感

写真は上からジェットストリーム、モンブラン145、モンブラン146です。

145についてはこちらの記事をどうぞ。

146は145やボールペンと比べて少し太く長いです。

また少し重量感があります。

重くて使いにくいというほどではなく、程よい重さで手になじみます。

インクはモンブランの「ミステリーブラック」

今回使うインクはこちら、モンブランの「ミステリーブラック」。

本体吸入式なので、ボトルにペン先を入れて尾栓を回します。

いつもインクを吸入する時、軸内に上がってくるインクを見てちょっとワクワクします。

キャップを軸につけるかどうかは使う人の好みですが、僕はキャップを軸につけたほうがバランスがよく書きやすいのでつけて使っています。

ぬらぬらとした書き味

インクの流れは非常にいいです。

力を入れなくてもスラスラ、ぬらぬらと書けます。

ペン先は柔らかい書き味でなめらか。紙のざらつきを感じることができるほど繊細。

線の太さは一定です。少し力を入れてみるとペン先が少し開いてよりインクが出て少し太い線もかけます。

極端な変化はありませんが、線に強弱をつけることができます。

思い通りの字が書けるので、思ったこと、考えたことなどをアウトプットするときなどに重宝しています。

また年賀状や礼状などかしこまった文を書くときにも活躍しています。

おすすめする理由

モンブランは万年筆メーカーの象徴的な存在として、万年筆が好きな人だけでなくても、そのブランド名は知っているほど知名度は高いです。

モンブランの作り出す万年筆は単なる筆記具としての域を超え、細やかな造形美は万年筆としてだけでなく宝飾品としての価値があります。

美しい万年筆は持っているだけでワクワクして「文字を書く」楽しさを改めて認識させてくれます。

モンブランほどのブランド品であればなおさらで、持っているだけで喜びになります。

むろん高価な品なので何本も買えませんが、一生ものとして、ずっと大切につかう筆記具として、手軽で簡単に使えるボールペンにはない魅力が万年筆にはあります。

これからもずっと大切にしていきたい万年筆、モンブラン146。

本格的な万年筆、一生ものの万年筆を探している人にはおすすめの一本です。

万年筆レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
しのわんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました