【万年筆レビュー】PARKER(パーカー)IM【ブラックCT】

万年筆レビュー
スポンサーリンク

以前パーカーのIM GT(ゴールドトリム)という万年筆を紹介しました。

インクフローが良く、ヌルヌルとした書き味でとても書きやすい万年筆です。

パーカーIM GTについてのレビューはこちらをどうぞ。

今回紹介するのも同じIMですが、ペン先の形が違っていてかっこよかったのでつい買ってしまいました。

それでは詳しく紹介します。

パーカーIMはこんな人におすすめ!

海外ブランドのかっこいい万年筆を探している

しっかりとした作りの万年筆が欲しい

就職や進学祝いなど、贈答用の万年筆を探している

パーカーIMの特徴

矢羽クリップ

IMはパーカーの中では比較的安価で購入が出来るエントリーモデルになります。

エントリーモデルではありますが、作りやデザインはしっかりとしたものに仕上がっています。

まず目を引くのは、このパーカーブランドの特徴である矢羽クリップ。

これには「未知への挑戦や新たな可能性を探し求めるなど、志を抱く人々への道標でありたい」というメッセージが込められています。

軸は金属製

キャップ、軸はブラス(真鍮)という金属で作られています。

しっかりとした作りで、ほどよい重みが感じられます。

筆記時のペンバランスがいいので、それほど重いと感じることはないと思います。

僕は「銀×黒」が好きなので今回ブラックCT(クロームトリム)を選びましたが、他にもロイヤルブルーCT、ダークエスプレッソCT、ホワイトCT。

ブラックGT、ブラッシュドメタルGTといった装飾がGT(ゴールドトリム)もあるので、好みの色と装飾が選べます。

どれも落ち着いた感じでかっこいいですよ。

「CT」「GT」ってなんとなくは分かるけど詳しくは知らないという人はこちらの記事に詳しく解説していますので、参考にどうぞ。

ペン先はステンレススチール

摩耗に強く耐久性に優れています。

しっかりとした作りで、ある程度筆圧が強い人でも十分耐えうる強度があります。

ペン先には「PARKER」の刻印。

この刻印と、五角形の形がかっこいいですよね。

デザインが洗練されている

全体として無駄な装飾がなく、洗練されたデザインです。

どんなシーンでも活躍してくれますよ。

また、進学や就職祝いなどの贈り物としても喜ばれているのでおすすめです。

カートリッジ・コンバーターの両方が使える

カートリッジはもちろん、コンバーターにも対応しています。

パーカーはメーカー独自の規格です。

パーカーのカートリッジインクも便利で、持ち運びにも便利です。

コンバーターを使えば、いろんなインクを入れることができます。

パーカーのボトルインクはブラック、ブルーブラック、ウォッシャブルブルー、レッドの4種類。

ベーシックな色がそろっていますが、僕がおすすめするはブルーブラック。

青みが強く、ブルーブラックというよりは濃紺という感じです。

発色はとてもよく、僕は結構好きな色です。

パーカーのボールペンと万年筆の規格

パーカーといえば、ボールペンの替え芯(リフィル)の規格が有名で、「G2」という規格です。

「パーカータイプ」とも呼ばれていて、同じ規格のボールペンリフィル(替え芯)がいろんなメーカーから出ています。

ボールペンの規格について、特によく使われる「G2」と「4C」というボールペンの替え芯についての記事を書いています。

こちらを参考にどうぞ。

急にボールペンの話になってしまいましたが、パーカーの万年筆はボールペンの規格のように、いろんな万年筆メーカーのカートリッジやコンバーターは使えない独自規格。

なので他のブランドのカートリッジやコンバーターは使えません。

時々このボールペンの規格が幅広いメーカーで使われているので、万年筆もいろんなメーカーと同じ規格だと思ってしまう人がいます。

万年筆はパーカー独自の規格なので、ボールペンと万年筆の規格がこんがらがってややこしく、間違うことがあるので注意してくださいね。

万年筆の規格って何?という人はこちらの記事を参考にどうぞ。

インクが乾きやすいのが難点

前のIMの記事でも書きましたが、パーカー万年筆の難点は、比較的インクが乾きやすいということ。

気候などにもよりますが、早いと2~3日で乾いてしまうことがあります。

乾き対策

インクを入れたら毎日使うようにする

使わないときはきちんと洗って乾かして保管する

万年筆用のペンケースに入れて保管する

といったところになるかと思います。

これは万年筆全般に当てはまることですが、特に乾きやすいパーカーの万年筆は上の3点に注意してくださいね。

使わない時は、ちゃんと洗って保管するようにしましょう。

パーカー IMの書き心地

インクはパーカー ブルーブラック

今回もコンバーターを使って、パーカーのボトルインク ブルーブラックを使ってみました。

コンバーターは回転式。

インクの吸入はスムーズに行えます。

ヌルヌルとした気持ちのいい書き心地

インクは気持ちよく出てきます。

ヌルヌルとインクが出てきて書き味はなめらかです。

線の太さは一定です。

ペン先はしっかりした手ごたえがあり、ぐっと力をいれてもびくともしない感じです。

F(細字)ですが、書いた線は少し太く感じます。

日本ブランドの万年筆で例えると中字くらいに感じますね。

少し重みを感じる持ち味

金属でできた軸なので、普段軽いボールペンを使っている人が持ち替えると、若干重みを感じるのではないかと思います。

ですが、ペンバランスはとてもよく、持ちやすく書きやすいです。

キャップは筆記時に軸につけれます。

僕はキャップはつけたほうがバランスが良いと思うのでつけて使っています。

万年筆 パーカー IMをおすすめする理由

知名度が高く、スタイリッシュなデザインはいろんなシーンでも使えます。

ペン先がしっかりとしているので、ボールペンから持ち替えても十分使いこなせる強度と耐久性があり、安心感があります。

カートリッジインク、コンバーター両用式なので、好みに合わせて使い分けることが出来ます。

軸が金属なのでずっしりした筆記用具が好きという人にはピッタリです。

書き味はとてもなめらかで書きやすいです。

自分用としても十分満足できます。

さらに進学や就職祝いのプレゼント用としてもいいと思います。

最後に

このIMは自分用にも買いましたが、プレゼントとしても買ったことがあります。

プレゼントしたIMはホワイトCT。

万年筆とボールペンのセットでした。

渡した人にとっては初めての万年筆だったのですが、書きやすくてよかったと喜んでもらえました。

今でも大事に使ってくれているので、贈ってよかったなと思います。

僕もこの万年筆はこれからも大切に使っていこうと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク
万年筆レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
しのわんブログ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました