【シンプルで美しい万年筆】パイロット(PILOT)コクーン(cocoon)

万年筆レビュー

コクーン(cocoon)は繭(まゆ)という意味です。

”ものごとのはじまり”の象徴でもある「繭」のように、美しい曲線で構成されたフォルム。”手にしたときから、すべてがはじまる”、そんな思いが込められています。

パイロット 公式ホームページより

スポンサーリンク

こんな人におすすめ!

  • 最初の万年筆に悩んでいる。
  • とにかくシンプルで美しい万年筆が欲しい。
  • 仕事でも使える万年筆が欲しい。

コクーン(cocoon)の特徴

シンプルで美しいフォルム

コクーンは2013年のグッドデザイン賞を受賞しています。

20~30代の若い世代を対象に、大人への第一歩としてふさわしい上質さと使いやすさを備えた万年筆として評価されています。

同じシリーズでボールペン、シャープペンシルもラインナップされていて、どちらもシンプルなフォルムで美しいです。

カラーは全部で8色

今回紹介するホワイトの他、ブラック、メタリックグレー、ブルー、チタン、ボルドー、オレンジ、シルバーがラインナップされています。

落ち着いた感じの色合いで、毎日使っていても飽きがこないし、もちろんビジネスシーンにも十分使用できる仕上がりになっています。

ちなみに僕がこのホワイトを選んだ理由はコクーンの名の通り「繭」を連想させる色だったのと、この丸みのあるフォルムは白がキレイかな~と思ったからでした。

いつも黒、青、透明の軸が好きなのでついついそんな万年筆を買ってしまうんですが、今回白い軸のコクーンを初めて買ってみて「白軸いいなあ」ってなりましたね。これから白い万年筆が増えそうです(笑)

使いやすさにこだわったデザイン

軸は黄銅という金属製。程よい重量感があり、書く時の重心バランスが良いです。

軸の中央は滑りにくいように出来ています。ペン先を外すときに軸が回しやすいように工夫されているんですね。

この流線形のフォルムはシンプルな見た目ながら、手になじんで持ちやすいので筆記していて疲れにくいです。

キャップは尻軸にしっかりとハマるようになっています。

筆記時にキャップを尻軸につけるかどうかは好みでいいと思います。僕はつけた時のバランスが好みで書きやすく感じるのでキャップを尻軸につけて使ってます。

カートリッジ・コンバーター両用式

カートリッジはもちろん、コンバーターも使える両用式です。コンバーターはCON-40が使えます。

インクの吸入方法について知りたいという方はまずこちらの記事をどうぞ!

仕事などでガンガン使いたい人には断然カートリッジをおすすめします。

家でまったり日記を書いたりしたい人はコンバーターを使っていろんなインクを使って楽しむのもいいですね。

コクーンの書き味

ペン先はステンレススチール、いわゆる鉄ペンです。

ペン先の太さはF(細字)とM(中字)があります。

今回はF(細字)、インクは付属のカートリッジを使ってます。色はブラックです。

F(細字)は細くてもカリッとしてるような感じはなく滑らかでとても心地よく書けます。インクの流れがよく筆記速度が速い人でも線が途切れることはないです。

普段使いならF(細字)がおすすめです。

M(中字)はF(細字)よりさらにインクの流れがよくぬらぬらと書けます。「コンバーターを使っていろんなインクを楽しみたい」という人にはM(中字)がおすすめですね。

コクーンをおすすめする理由

コクーンには万年筆の魅力がぎっしりと詰まっています。万年筆沼にどっぷりとハマっている人も最初に買った万年筆がコクーンという人もいます。

シンプルで美しいフォルムは若い世代はもちろん、その使いやすさから年齢や性別を問わず受け入れられています。

低価格なエントリーモデルでありながら、万年筆としての機能が充実していて最初の万年筆として、2本目に選ぶ万年筆としてもコクーンはおすすめです。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

万年筆レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
しのわんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました