【軟調の万年筆】パイロット(PILOT)エラボー(ELABO)【レビュー】

パイロット エラボー万年筆レビュー

エラボー(ELABO)は日本語に適した万年筆として、パイロットが6年もの歳月を費やして開発した万年筆です。

初代エラボーが誕生したのは1978年。現在販売されているのは3代目(2009年~)になりますが、万年筆の命ともいえるペン先の基本設計は初代を受け継いでいます。

30年以上前から使われ続けているエラボー(ELABO)の特徴は、なんといっても軟らかく弾力のあるペン先です。日本語の「とめ」「はね」「はらい」を美しく書けるようにと開発され、今でも人気の高い万年筆です。

スポンサーリンク

こんな人におすすめ!

  • 日本語が書きやすい万年筆が欲しい。
  • 軟調の万年筆を探している。
  • ナミキファルコンの動画を見て感動した。

エラボー(ELABO)の特徴

軟らかく弾力のあるペン先

ペン先が独特な形をしています。鳥のくちばしのような形をしていますね。

写真左がエラボー、写真右はパイロットのコクーンです。比べるとエラボーが独特な形状になっているのかがよく分かりますね。

この独特な形状のおかげでよくしなり、よくたわみます。そのため筆記時に独特のしなやかさが生まれるのです。

ペン先の太さはSEF(軟極細)、SF(軟細字)、SM(軟中字)、SB(軟太字)の4種類。

すべてS(ソフト・軟調)として表記されています。

ナミキ ファルコン

パイロットの海外輸出用ブランドがナミキ。そしてエラボーは海外ではファルコンという名で販売されています。

外観は多少違いがありますが使用はほぼ一緒です。ペン先の「PILOT」と刻印されているところに「NAMIKI」と刻印されています。

(ナミキの実物を持っていないので写真はありませんが…)

また、例のナミキファルコンを使用した動画は、改造(CUSTOM)したものですので、同じように高い筆圧で書くと壊れますのでご注意ください。

樹脂軸と金属軸

エラボーは樹脂軸と金属軸の2種類があります。

金属軸樹脂軸
価格25000円+税18000円+税
サイズ最大径 14.0㎜
全長  139㎜
最大径 14.4㎜
全長  137㎜
重さ約30g約18g
コンバーターCON-70付CON-40付
カラーバリエーション・ブラック
・レッド
・ライトブルー
・ブラウン
・ブラック

・レッド

ペン先はどちらも14金、ロジウム仕上げです。大きな違いは「重さ」「カラーバリエーションは金属軸の方が多い」「金属軸はコンバーターのCON-70が使える」という点です。

カートリッジ・コンバーター両用式

僕が持っているのは樹脂軸です。CON-40が付いてきます。CON-70は使えません。理由はコンバーターのサイズが大きくて軸に入りきらないからです。

金属軸にはCON-70が付いてきます。もちろんCON-40も使えます。大きい容量のコンバーターを使いたい場合は少し値段は高くなりますが金属軸を選びましょう。

エラボー(ELABO)の書き味

今回レビューするエラボー(ELABO)は樹脂軸、ペン先はSF(軟細字)です。

インクはパイロットのminiボトルインク「色彩雫 深海」を使ってみました。

少しの力加減で字幅が変化して書いていて楽しいです。

細字ですが、力を入れると太字程度までの太い線が書けます。(くどいようですが、高い筆圧で書き続けると壊れます。注意してくださいね。)

書き味は少しカリッとしています。紙とペン先の摩擦具合が心地いい感じです。インクの流れは良くて途切れたりかすれたりしません。

あのナミキファルコンの動画のようにカリグラフィーを楽しむのもいいですが、やはり日本語を書く方が気持ちいいですね。

エラボーで書いていると自分の字が上手くなったように感じる時があります。ペン先の適度な弾力が書字をサポートしてくれているのかな?(個人的な感想です。)

普段使いで手帳やノートに筆記するにはSEF(軟極細)、~SF(軟細字)で問題ないです。

よりサラサラと滑らかに書きたい、いろんなインクを入れて楽しみたいという人、考えたことを文字にする時や日記を書く時、勉強する時など集中して筆記したいという人にはSM(軟中字)~SB(軟太字)をおすすめします。

樹脂軸、金属軸と2種類ありますが、おすすめは樹脂軸です。金属軸に比べて安く買えるし、手になじみやすくて使いやすいです。CON-70が使いたい人や筆記する時に少し重みがあるほうが書きやすいという人は金属軸にしましょう。

おすすめする理由

軟調の万年筆は初心者には難しいと思われがちですが、ほどよい弾力があり初心者にも使いやすいです。

もちろん、2本目、3本目の万年筆としてもおすすめです。

軟調の万年筆の中でも特に日本語を書くのに最適な「エラボー」。

僕の万年筆の中で、レギュラーで活躍してくれていて、これからも大切に使い続けていく一本です。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

万年筆レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
しのわんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました