【レビュー】セーラーhocoro(ホコロ)【つけペン】

つけペンレビュー
スポンサーリンク

セーラー万年筆からhocoro(ホコロ)という、万年筆のペン先を使った”つけペン”が販売されています。

ペン先が2種類あり、

ひとつは万年筆と同じペンポイントがある細字のペン先。

もうひとつは字幅が1.0mmのカリグラフィー用のペン先です。

樹脂製の軸に取り付けて使い、ペン先は付け替えることができます。

いろんなインクを気軽に楽しみたい人には、手軽に使えて、手入れも簡単なのでおすすめです。

つけペンって何?という人は、まずこちらの記事を参考にしてください。

それでは詳しく紹介します。

Hocoro(ホコロ)はこんな人におすすめ

いろんなインクを使いたい

万年筆を使うのはちょっと面倒だと思っている

カリグラフィーを書きたい

Hocoro(ホコロ)の特徴

ペン先は4種類

ペン先は

ペンポイントのあるペン先(細字)(写真右)と、

カリグラフィー用のペン先(字幅1.0mm)(写真左)

の2種類があります。

僕は、どちらのペン先も試してみたかったので、最初から2種類のペン先がセットになっているのを買いました。

それと、ペン先が痛んで使えなくなった場合は、ペン先だけも販売されています。

また、令和4年8月より、字幅が2.0mmのカリグラフィーペン先、筆文字のペン先が追加されています。

筆文字のペン先は、ペン先が特殊な形をしているペン先で、線の太さが自由に変えることができるペン先です。

この筆文字は、セーラーの「ふでdeまんねん」という万年筆のペン先とよく似た形をしています。

使いこなすのは結構難しいですが、セーラー万年筆らしい、とても楽しいペン先です。

「ふでdeまんねん」という万年筆についてはこちらでレビューしています。

よかったら参考にしてください。

まだ追加された「筆文字」と「カリグラフィー2.0mm」のペン先は購入していませんが、ぜひ使ってみたいですね。

また購入して使ってみたら詳しくレビューしたいと思います。

ペンポイントのあるペン先

普通のつけペンにはペンポイントと言われるものがありません。

万年筆にはペン先にペンポイントというものがあります。

ペンポイントがある利点は、

  • なめらかに書くことが出来る
  • 摩耗に強く、長持ちする

ということです。

万年筆のペン先ってどんなものなの?という人は、万年筆のペン先についてこんな記事を書いてます。

よかったら参考にどうぞ。

このhocoro(ホコロ)に使われているペン先は、「ハイエースネオ」という万年筆のペン先が使われています。

「ハイエースネオ」のレビュー記事を書いています。

よかったら参考にしてください。

カリグラフィー用のペン先

字幅が1.0mmのカリグラフィー用のペン先です。

セーラー万年筆の「ハイエースネオクリアカリグラフィー」という万年筆のペン先が使われています。

この「ハイエースネオクリアカリグラフィー」という万年筆についてのレビュー記事を書いています。

よかったらこちらの記事を参考にしてください。

このペン先を使えば、手軽にカリグラフィーが楽しめます。

カリグラフィーって何?という人はこちらの記事を参考にしてください。

ペン先を簡単に付け替えられる

ペン先はこんな感じになっています。

軸にはめ込むだけで使えます。

ペン先に小さい突起がついていて、パチッと鳴るまで差し込みます。

また、上下があって、円の一部が平らになっています。

無理に押し込まず、平らになっているところを合わせてはめ込むようにしてくださいね。

取り外す時は、引っこ抜くだけです。

が、わりとしっかりハマっています。

ペン先を持って引っこ抜こうとすると、ペン先が傷んだり、壊れたりしてしまうので、樹脂の部分を持って抜くようにして下さいね。

軸は樹脂製

軸の色は白とグレーの2種類あります。

僕はこの白い軸を買いました。

軽くて扱いやすいです。

軸に平らになっているところがあるので、軸が転がらないのもいいですね。

また、ペン先を保護するため、逆さにして入れることが出来ます。

ペン先はひとつしか軸に入れられないので、2種類セットで買った場合は、軸に付けてないペン先はなくさないように、なにかケースに入れておきましょう。

僕はこんな感じで、万年筆のケースにペン先と一緒に入れています。

お手入れが簡単でいろんなインクをすぐに使える

万年筆だとインクをしっかり洗浄して乾燥させないと違うインクを入れることが出来ません。

その点hocoro(ホコロ)はインクを変えるときは、ペン先を流水でインクがなくなるまで洗って、軟らかい布などで拭いて水気を取れば、すぐに違うインクをつけることが出来ます。

万年筆のペン先でいろんなインクをすぐに試せるので、いろんなインクを試してから、気に入ったインクを万年筆に入れる、というようなことが出来ます。

これは便利ですよ。

Hocoro(ホコロ)の書き味

使用インクは四季織の「夜桜」

インクは、セーラー万年筆のボトルインク「四季織」の「夜桜」を使ってみます。

「夜桜」は深めの桜色で、まさしく夜に咲くさくらを思わせる魅力的なインクです。

使っていて、すごく落ち着くインクです。

四角く小さいボトルで、コンパクトに収納が出来るので気に入っています。

細字のペン先の書き味

まずは細字のペン先から試してみます。

つけペンと同じように、ボトルインクにペン先を入れ、ある程度インクをペン先に持たせます。

多く持たせすぎると、ポタっとインクが垂れることがあるので、適当なインク量になるように、ボトルの口でしごいて調節します。

このあたりの使い方は、他のつけペンと同じですね。

書いてみて、ガリガリとした感じはありません。

細字らしく、カリっとした感じの少し紙をひっかくような感じはありますが、結構なめらかに書けます。

また、柔らかく適度にしなります。

「ハイエースネオ」という万年筆の細字に近い感じはありますが、「ハイエースネオ」のような固い感じでなく、けっこうしなやかです。

しなりますが、それほど線の強弱はつかず、字の幅は一定ですね。

意外とインクを持たせることが出来るので、一度インクをつけたら結構書けますね。

カリグラフィー用のペン先の書き味

では、カリグラフィー用のペン先を使ってみます。

縦と横で、字幅が変わるので普通に書いていても楽しいペン先です。

カリグラフィーをしていない人でも特徴のある字が書けるので楽しいですよ。

もちろん、カリグラフィーも十分楽しめます。

イタリック体、ゴシック体、ファウンデショーナル体など、いろんなカリグラフィーが手軽に楽しめますね。

Hocoro(ホコロ)をおすすめする理由

2種類のペン先があり、簡単に取り換えられる

お手入れが簡単

いろんなインクを使うことが出来る

カリグラフィー用のペン先でいろんなカリグラフィーを楽しめる

といったところかと思います。

この手軽さはつけペンならではですね。

難点は、文中にも書きましたが、ペン先を交換する時にけっこう力がいるというところですね。

また、万年筆と違い、何度もインクをペン先に付けなければならないので、たくさん字を書きたいという人には不向きかもしれません。

最後に

今回は、セーラー万年筆のhocoro(ホコロ)を紹介しました。

手軽に万年筆のペン先でいろんなインクを試せるので、これはかなり重宝しそうです。

インクレビューとかでもかなり活躍しそうです。

これからどんどん記事に登場してくるかと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク
つけペンレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
しのわんブログ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました