【万年筆レビュー】SAILOR(セーラー)ハイエースネオクリア【カリグラフィー】

セーラー ハイエースネオクリア カリグラフィー万年筆レビュー
スポンサーリンク

セーラーの万年筆のエントリーモデルで、「ハイエースネオ」という万年筆があります。

軸を透明にしたのが「ハイエースネオ・クリア」。

こちらの記事で紹介しているので、参考にどうぞ。

今回紹介するのは、同じ「ハイエースネオ」シリーズで、軸が透明、ペン先がカリグラフィー用になっている万年筆です。

カリグラフィーは、「難しいから自分には無理かな。」って思ってました。

でも「ハイエースネオ・クリア・カリグラフィー」を買って始めてみると

「カリグラフィーって楽しい!」ってなって、

今ではすっかりカリグラフィーにハマっています。

手軽にカリグラフィーが始められる「ハイエースネオ・クリア・カリグラフィー」

それでは詳しく紹介します。

スポンサーリンク

こんな人におすすめ!

カリグラフィーに興味がある

手軽にカリグラフィーを楽しみたい

カリグラフィーが楽しめる万年筆を探している

セーラー ハイエースネオ・クリア・カリグラフィーの特徴

ペン先の幅は1.0mm、1.5mm、2.0mmの3種類

ペン先の幅は1.0mm、1.5mm、2.0mmの3種類。

ペン先の幅によってパッケージの色が違います。

1.0mmが黄色、1.5mmが青、2.0mmが緑です。

「3種類もあったらどれを選んでいいか分からないよ〜」

という人は、とりあえず1.5mmでいいかと思います。

僕も最初は1.5mmのを買いました。

そのあと気に入りすぎてすぐに他のも買い足しましたけどね。

黒のカートリッジインクが3本セットになっています。

カートリッジインクが付いているので、他に色々買い足さなくてもすぐにカリグラフィーを始められますね。

ペン先の形

セーラー ハイエースネオクリアとカリグラフィーのペン先

同じセーラーのハイエースネオクリアと比べてみました。

左がハイエースネオ・クリアのペン先、右がハイエースネオ・クリア・カリグラフィーのペン先です。

ペンの先が平らになっていますね。

カリグラフィーを書く時は、このようにペンの先が平らになっているものを使います。

ペン先は平らになっていますが、つけペンのカリグラフィーペンとはちょっと違っています。

写真を見てもらうと、ペン先の角に少し丸みがあるのが分かるかと思います。

この丸みのおかげで、紙に引っかかりにくくなり、初心者でも使いやすくなっているんです。

手軽にカリグラフィーが始められる

ハイエースネオ・クリア・カリグラフィーを買うと、カリグラフィの書き方ガイドが入ってます。

簡単な説明書ですが、ペンの角度や基本の字体などが載っています。

このガイドを見るだけでも、カリグラフィにチャレンジできます。

さらにセーラーの公式ホームページでペン幅別に練習用紙がダウンロードできます。

これからカリグラフィーを始めようと思っている人にうれしい心遣いですね。

他にカリグラフィーを楽しめる万年筆はありますが、セーラーのハイエースネオ・クリアはとってもお手頃です。

お手頃価格で買いやすく、手軽に始められるはポイントが高いですね。

カートリッジ・コンバーター両用式

セーラーのカートリッジ・コンバーターはセーラー独自の規格です。

他のメーカーのインクカートリッジやコンバーターは使えませんので注意してください。

コンバーターやカートリッジの規格って?という人はこちらの記事を参考にどうぞ

カートリッジインク

セーラーの染料インクのおすすめは四季織シリーズです。

カートリッジインクだと、差し込むだけで書けるのでお手軽ですよ。

いろんな色を試してみたくなりますね。

コンバーターとボトルインク

コンバーターは別売りになっています。

コンバーターを使えば、いろんなボトルインクを使うことができます。

僕はボトルインクを使いたかったので、万年筆と一緒にコンバーターも買いました。

セーラーのコンバーターはカラフルなので、インクの色とコンバーターの色を合わせたりして楽しめますね。

セーラーのボトルインクも四季織がおすすめです。

もっとおすすめなのはセーラーの「青墨」。

「青墨」は顔料インクです。

綺麗な青でにじみにくいので線がくっきり出ます。

顔料インクは染料インクと違い、ちょっと扱いに手間がかかりますが、この発色具合や紙への定着感がいいので気に入ってます。

ハイエースネオクリアカリグラフィーの書き心地

「青墨」を使ってみました

今回使ったのは僕がおすすめする「青墨」です。

3本とも同じインクを入れて比較してみます。

軸が透明になっているので、入っているインクの色を楽しんだり、インクの残り具合を確認できたりできます。

透明軸ならではですね。

1.0mm、1.5mm、2.0mmを比較

結構違いがありますね。

書こうとする文字の大きさでどれを使うかですが、普段使いだと2.0mmは太すぎるかなって感じでしょうか。

カリグラフィーを楽しむならどの太さのでも書けるようにになりたいですね。

メッセージカードを作るときなんかは、この3種類全部使い分けすると結構いい感じになりますよ。

例えば、手紙の封筒には2.0mm、題は1.5mm、文章は1.0mmみたいな感じで。

綺麗に書くにはコツがいる

細い方が初心者には扱いやすいと思います。

綺麗に線を書くにはちょっとコツがいります。

カリグラフィーペンの書き方についてこんな記事を書いてます。

よかったら参考にどうぞ。

ハイエースネオクリアカリグラフィーの書き味

ペン先は硬い感じでカリカリします。

インクの流れは結構いいので、字がかすれたりインクが途切れたりせずさらさらと書けます。

基礎をちょっと練習すれば割と簡単にカリグラフィーが書けるようになります。

書けるようになると楽しいですよ。

もちろん、カリグラフィーだけでなく普段使いとしても使えます。

縦が太く、横が細くなるので個性的な字が書けます。

普段使いであれば、1.0mmを使うのがいいと思います。

ハイエースネオクリアカリグラフィーをおすすめする理由

お手頃な価格

気軽にカリグラフィーを始められる

透明軸でインクを見て楽しめる

普段使いとしても十分

お手軽にカリグラフィーが始められるし、普段使いとしても十分使いやすい万年筆です。

見た目もスタイリッシュで使いやすいです。

この万年筆を使って、もっとカリグラフィーを練習したいと思いますし、

カリグラフィーの楽しさを記事にしていければいいなと思っています。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

スポンサーリンク
万年筆レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
しのわんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました